« 医学統計 | トップページ | 勝負!? »

2011年10月19日 (水)

食事と運動は一連の流れで

今日はクライアントが来社され、プロジェクトミーティングを行いました。
サービス開始時から関わらせていただいている、mobilephone健康支援コンテンツshine
ユーザーに楽しんでいただき且つ、効果を実感していただくために、
みんなで色々なアイデアを出しました。
とてもいい形が見えてきましたよsun

弊社の強みは、食事と運動の両面からアドバイスできることnote
食事と運動は切り離して考えるものではありません。
私は大学で栄養学を学びましたが、その後、運動について学び、
食事とからだを動かすことは、一連の流れで考えるべきsign01と実感しました。
勿論、わたし自身も実践していますscissors
ひとのからだを中心に置いて、食事と運動の両面からアプローチすれば、
健康アドバイスのバリエーションが広がり、楽しい支援ができます。
もっともっと、からだが変わっていく楽しさを伝えていきたいなheart04

エリ先生が昨日のメルマガ「現代人の知的食生活マガジン」で紹介してくれた
栗の渋皮煮maple さすがエリ先生・・・美しい&美味しいdelicious

__

|

« 医学統計 | トップページ | 勝負!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514875/42592440

この記事へのトラックバック一覧です: 食事と運動は一連の流れで:

« 医学統計 | トップページ | 勝負!? »