« 食教育という視点 | トップページ | 「からだに効く」の読み方 »

2012年2月 3日 (金)

プロフェッショナルとして

今日は大手メーカーで、保健指導に関わる皆さまとの情報交換shine
「プロとしての意見や考えをききたい」 ということでしたが、
専門外から、専門職を見た時の視点や分析がとても興味深く、
色々な気づきがありました。
特定保健指導の専門職セミナーが色々と開催されていますが、
内容的には、もっと豊富なバリエーションが必要だと思っています。
ライフスタイルも、「食」に対する価値観にも様々なバリエーションが
ありますから、指導者はその実態を理解し、豊富なアプローチ方法を
身につける必要がありますね。
わたしがやりたいsign01面白いsign01と思っていることにも耳を傾けて頂き、
ぶっちゃけトークも満載でcoldsweats01、とても刺激的な時間でしたnote

bullettrain事務所に戻ると、冷蔵の荷物presentが届いていました。
中身は、こんなに立派ないちごですsign03
(千疋屋にもおろしているものらしいです)

__

先日のセミナーにご参加いただいた管理栄養士の方からです。
私のセミナーにずっと前から複数回参加して頂き、栄養指導の
スキルアップに活かしてこられたという、お手紙が入っていました。
とてもうれしく、感動しましたsweat02  ありがとうございますheart04
わたしの経験が、こうして世の中で少しでも役立ち、ひとりでも
多くの人の健康に貢献できれば、本望です。
これからもプロとして、世の中の役に立つ&自分にできることを
ひとつひとつ大事に進めていきたいと思いますsun

|

« 食教育という視点 | トップページ | 「からだに効く」の読み方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514875/43973333

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナルとして:

« 食教育という視点 | トップページ | 「からだに効く」の読み方 »