« 福島と日本の明日のために | トップページ | 熊本城マラソンへ! »

2012年2月16日 (木)

たとえ話

今日はがんばって、連載記事3つを書き上げましたnote
週末に迫った熊本城マラソンのために、前倒しで進めました。

それぞれの原稿を読む対象は、さまざまです。
ひとつは母子保健を担当する人、ひとつは企業の安全衛生担当者、
もうひとつは一般の携帯ユーザー。
内容だけでなく、それぞれの人たちにわかりやすく表現することにも
大事ですね。実はそれがとても難しいのですsweat01

昨日のブログで紹介した、奥先生は「たとえ話」の達人です。
いつも、聞く相手に合わせて、わかりやすいたとえ話で解説されます。
以前、医療ビジネス勉強会のブログでご紹介いただきましたが、
わたしが、「人間栄養」の概念について、
過程(何を食べたか)より、結果(からだの栄養状態=健康状態)を
みて食事の改善点を導くべき、と解説した内容を、
ガリ勉の友達より、成績のいい友達に聞いたほうがカクジツ。」と
表現され、さすがupと感心しました。
こういうセンスは、健康支援の中でも、とても大事ですね。
がんばって努力して、磨いていきたいと思いますshine

先日息子が買ってきてくれたcocoドーナツ
青山まで、これだけを買いに行くほどのお気に入りcoldsweats01
確かにおいしいsign05 生地もモチモチですよheart04

Photo

|

« 福島と日本の明日のために | トップページ | 熊本城マラソンへ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514875/44145722

この記事へのトラックバック一覧です: たとえ話:

« 福島と日本の明日のために | トップページ | 熊本城マラソンへ! »