« セミナーご参加ありがとうございました! | トップページ | タイピーエン »

2012年8月12日 (日)

走りは科学

今日は陸上一色の一日でしたsun

まずは早朝の、オリンピックリレーtv
ジャマイカの世界新記録は、すごいsign01
日本代表は残念でしたが、今後が楽しみなチームです。
ひと昔前は、日本人が短距離で世界と戦えるとは、
想像できませんでした。すごい進化ですねshine

今、走りの勉強のために、マスターズの先輩に借りた
高野進流 日本人のための二軸走法―スプリント革命!」
を読んでいます。
そこには、欧米人と日本人では体の特性が違うので、
欧米人の走りを真似ていた時代は、戦えなかった。
日本人の体に合う走り方を研究し、トレーニングを進化
させた結果、世界と戦えるようになった、とありました。
日本代表リレーチームメンバーの、力まないスーッとした
走りを見て、これなんだな~と思いました。

走りは、とても単純なスポーツですが、奥が深いflair
走りは、科学なんですねshine
短距離のトレーニングを始めたものの、なかなかスピードが
出ませんsweat02 どうしたらいいのかわからなくなったので
夜、城山陸上競技場で息子に走りを見てもらいました。
ズバリ、「長距離の接地じゃ、スピードは出ないよsign01」と。
フルマラソンを走り始めたとき、長距離用の走りに
ガラッと変えて、戻らなくなっていたのですcoldsweats01
そうかsign04 頭では理解できたけど、ブレーキをかけずに
前足で素早く接地するのは、なかなか難しいsweat01
でも、課題がが明確になったので、まずはここをクリア
できるようにがんばりたいと思いますnote

朝の空気を感じたくて、道了尊までランニングclover
緑がとってもきれいで、気持ちよかったsun

1

2

これは、からす天狗↓ 知ってますか?
足を、なでなでしておきましたheart04

3

|

« セミナーご参加ありがとうございました! | トップページ | タイピーエン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミナーご参加ありがとうございました! | トップページ | タイピーエン »