« 主治医的な栄養士 | トップページ | 弛緩力を磨いてパフォーマンスアップ! »

2013年3月12日 (火)

専門家としての役割

今日は都内で、2つの会議に参加してきましたbullettrain

最近、色々な企業から、開発中のプログラムや実施した調査、研究結果などについて、
専門家としての意見を求められる機会が多くなりました。
お話をうかがいながら、さまざまな業種に、色々な切り口から健康や食に対して、
真剣に取り組んでいる人たちがいらっしゃることに感動しますshine

そしてその内容は、興味深いものばかりで、わたし自身もとても勉強になります。
今日お伺いした内容は、わたしが深く興味を持っているテーマで、
聞いていてとてもワクワクnote
もっとこうしたらいいupというアイデアがたくさん湧いてきましたhappy01

折角の取り組みが世の中で、正しい方向性でflairしっかり活用されるように、
わたしたち専門家も視野を広げてスキルアップしていかないといけないsign01と痛感しました。

ちょっとリフレッシュしたくて、夜桜ウォーキングshoe
早咲きの桜が満開cherryblossom 星がとってもきれいな夜ですdiamond

Photo_2

|

« 主治医的な栄養士 | トップページ | 弛緩力を磨いてパフォーマンスアップ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主治医的な栄養士 | トップページ | 弛緩力を磨いてパフォーマンスアップ! »