« 食事制限によるストレス | トップページ | やる気全開☆ »

2013年5月16日 (木)

短距離走と長距離走の違い

暑くなってきましたね
もう昼休みのトレーニングでは、紫外線が強すぎます
なので今週は朝トレです
出勤前、朝いちで競技場を専有しています

マスターズ陸上100m競技にデビューしましたが、
ゼロからのスタートなので、多方面からトレーニングを積んで、
3年後、50歳で現時点のベストタイムを出したいと思っています。
だから、焦らずじっくりね
まずは速くなるための理論を学ぼうと、先日購入した本を読破しました。
そしてあらためてわかったことは、短距離走と長距離走は全く逆だということです。
短距離走は、いかに地面からの反発力をもらうかなので、
膝や足首、腰などの関節で緩衝しないことが最も大事です。
逆に、長距離走は地面からの反発をいかに和らげるかなので、
各関節で衝撃を緩衝することが大事になります。
元々短距離走りだったのを、マラソンを走るために長距離走りに変えてしまったので、
戻すのはなかなか大変です
緩衝しないで、全身をバネのようにして弾む
これが難しい
しばらく、このトレーニングを頑張ります。
だから、長距離走はしばらく封印
しっかり定着して、走りを切り替えられるようになったら、
また冬場は、マラソンにも挑戦したいと思います

|

« 食事制限によるストレス | トップページ | やる気全開☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食事制限によるストレス | トップページ | やる気全開☆ »