« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

前向きな姿勢がパワーの源

今日は朝から24時間TVランナー、大島美幸さんの練習へ
ウォーミングアップのウォーキングをしながら、食事アドバイスをしました。
じっくり座って話すのもいいですが、からだを動かしながらもいいですね
私からは、今届けている食事の内容や嗜好、空腹感、
今後の食事コントロール方針などについてお話し、
大島さんからも、いくつかの質問がありました
メールで「とても体調がいい」と聞いていましたが、
実際に会って、イキイキした姿を自分の目で確認できてよかったです

彼女の前向きな姿勢がとても魅力的です
折角だから食事のことも勉強して、からだの変化を楽しもうという感じ。
練習も、「長く走れるようになってきた」と、明るく頑張っています
この姿勢を見ると、周りもしっかりサポートしようと思えますから、
相乗効果が生まれますね

朝の空気は、気持ちいいですね~
たくさんのランナーが、気持よさそうに走っていました
「大島さん頑張って~」と声をかけられ、笑顔で応えるのがまた可愛い

Photo

| | コメント (1)

2013年6月28日 (金)

高たんぱく低脂肪で走れるからだづくり!

事務所キッチンでは、今日もエリ先生が、
24時間ランナー大島さんの食事づくりに奮闘しています

体重が一気に減って大丈夫と思っている方のいらっしゃるかもしれませんが、
食事管理はバッチリなので、体調もすこぶるいいようです
そもそも、食事管理の目的は減量ではなく、「走れるからだづくり」ですから。
だから皆さんが考えるような、ダイエット食とはだいぶ違います。
一番重視しているのは、高たんぱく質・低脂肪
走れる筋肉をつけて、脂肪が燃えやすい代謝の高いからだをつくるためには、
たんぱく質をしっかりとることが第一条件です。
じゃぁ、肉や魚をたっぷり食べればいいと簡単にはいきません
肉や魚は「たんぱく質食品」と言いますが、脂肪も含まれています。
種類によっては、たんぱく質はとても少なくて、脂肪がたっぷりというものもあります。
残念ながら、外食や中食で使われている肉のほとんどが低たんぱく質・高脂肪
家庭でも、ひき肉やロース、バラ、鶏もも肉などが多ければ同じです。

今回は、主菜は全て高たんぱく質・低脂肪のものを使っています。
素材が低カロリーなので、かなりのボリュームを出すことができます
ただ、脂肪が少ない分パサつきやすかったり、味が淡泊だったり
でも、そこをクリアするのがエリ先生の技です 
こちらは、今完成した、主菜2皿(2食分)
カジキの野菜あんかけと、えびといかのシーフードハンバーグ・トマトソースかけ
ボリュームたっぷりですが1皿約200kcalおいしそう
今回のお仕事で、高たんぱく質・低脂肪メニューのレパートリーが一気に広がりそうです

Photo_2

| | コメント (0)

2013年6月27日 (木)

熱中できることは素晴らしい!

昨夜は、24時間TVマラソンサポートチームの食事会で遅くに帰宅しました。
家に帰ると、キッチンで誰かが奮闘した形跡が
息子が、先輩の誕生日プレゼントをつくったとのこと。
「ぶどう&ナタデココのゼリーをつくって」とのリクエストだったそうですが、
それだけで終わらないのが、料理好きの息子です

早速、完成品を解説付きで見せてくれました。
(レシピ付き写真を、彼のタイムラインにあげてあったので拝借

まずは、リクエスト通りの、ぶどう&ナタデココゼリー
具を沈まないタイミングで入れるのがポイントだそうです。

Photo

次は、「ひらめいたんだ」とキラキラした目で解説してくれた
先輩の好きなエナジードリンク2種で2層ゼリー
上の層を入れるタイミングが難しいそうです。
固まっていないと下の層と混ざってしまうけど、
完全に固まってしまうと、下の層とくっつかない
タイミングを見計らって、きれいにできていました。
「科学の色だ」と言いながら、満足気。

Photo_2

3品目は、ぶどうとりんごのゼリー2層を芸術的に
1層目を入れたら斜め状態を保持
意外と大変そうです

Photo_3

すごいな~でもテスト前なんだよな 勉強したのかな
あんまり情熱的に話すので、そんなことも言えず。。。
夫に、「どう思う?」と言ったら、
「熱中できるものがあるのはいいことだ」と言うので、
すばらしいことなんだと、自分に言いきかせましたよ

この情熱が受験勉強に向かう時がきたら、きっと頑張るんだ
と、信じて待ちたいと思います

| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

筋トレと受験勉強ほど簡単なものはない?

今日は都内で、午前&午後と2件のミーティング
どちらもびっちり2時間かなり難しいプロジェクトのミーティングで、
脳が疲れました~
深~く考える仕事が続いていますが、頑張って成果につなげなければ

「忙しいのによくマスターズ陸上に挑戦したりできるね」と言われることがありますが、忙しいからこそやっているのかもしれません
先日、仕事でご一緒させていただいたウルトラランナーの方が、
「筋トレと受験勉強ほど簡単なものはない」といわれました。
例えば、仕事や人間関係などは、頑張った通りの成果が出ないことも多いけど、
筋トレと受験勉強は、やった通りの成果が出るという訳です。
だから、仕事が超忙しくても、トレーニングは続けているということでした。

私もこの考え方に賛同します
(受験勉強が簡単とは思わないけど) 
単なる気晴らしとは違って、コツコツ努力できるものを持つということです。
仕事と平行して、別の好きなことに、コツコツ努力してその成果を確かめる
これは、精神的にとてもいいことだと思います。
仕事がうまく行かないときは、こっちが精神的なよりどころになることもあります。
ちょっとそっちに意識をもっていくと、また仕事が頑張れたりね
少しずつ自分の中で、両者のバランスがつかめてきたように感じます。

忙しいときこそ、食事も大事にしたいですね。
1日1食は、ゆっくり時間をかけて楽しむ これも、仕事を頑張るために必要です。
今日のランチのデザートは、瞬間冷凍したショコラ 美味しかったです~

__

| | コメント (0)

2013年6月24日 (月)

24時間TV・大島さんの食事に心を込めて

通常業務に24時間ランナー大島美幸さんの夕食づくりが加わり、
社内はちょっとバタバタしています
走れるからだをつくるために、カロリーや栄養素の調整はしますが、
彼女にとって1日1回のお楽しみですから、
おいしく食べてもらいたい 低カロリーでも満足感のある食事にしたい
と、みんなで知恵を絞っています。

そんな中、大島さんから「いつも夕飯が楽しみです」とのをもらって、
スタッフ一同、感激 調理担当の絵里先生は涙目です。
こころを込めて作ると、食べる人に伝わんだと、実感しました。

最近、友人や仕事先の人たちから「同じ食事を食べたい」とよく言われます。
カロリーや栄養素が調整された食事は、配食や外食などでもありますが、
それらではく、この食事を食べたい理由は、
誰が、どんな気持ちで作っているか?わかるからなのでしょうね

大島さんもスタッフも、みんなすっごく頑張っているので、
今年の24時間TVは、涙なしでは見れそうにないです

今日のわたしのランチは冷蔵庫の残り食材で、野菜のパルミジャーノ焼き 
大島さんの食事では、彩りよく、色々な野菜を使っているので、
わたしが残り野菜をコツコツ消費 シンプルでおいしいよ

Photo

| | コメント (1)

2013年6月23日 (日)

マスターズ陸上山梨選手権

今日は、マスターズ陸上の山梨選手権に参加してきました
前回の長野選手権で、60m⇒100mと走り、
60mでエネルギーを使い果たし100mはガタガタという経験から、
今日の60mはどうしようと朝まで迷ったのですが、
「今は経験を積むことが大事」と思い、両方出場することにしました。
その結果。。。やっぱり同じでした。。。
100mのスタートで力が入らず、すぐにからだが起きてしまい
後半はバタバタ あ~やっぱり100だけに絞ればよかったと、
一瞬、下げ下げの気分になりましたが
記録を見て、ちょっと回復 自己記録は更新しました14秒62
マスターズ初挑戦の、4月29日が15秒69だったから、
2ヶ月弱で1秒短縮できたら、上等ですよね。
まだまだ課題山積なので、まだまだ伸びる
相変わらず、ポジティブ思考のわたしです

今日は、ほこ×たて100m×4リレー、11歳×45歳対決の
45歳日本代表のおひとりと、同組で走りました
彼女についで2位でしたが、私より1秒速い 
でも、ひっぱってもらったからタイムが伸びたのかな

今日は、FitBeatでつくってもらったオーダーユニフォーム
息子には、「ガチャピンじゃん」と言われ、
夫には、「ジャマイカ」 と言われたけど
私のお気に入りオーダーは着心地がいいです~

Dsc_0058

| | コメント (0)

2013年6月21日 (金)

トレーニングを積めるからだづくり

24時間TVランナー、大島美幸さんの食事サポート中
毎日の夕食を提供し、食事のアドバイスをしています。
美幸さんの努力もあり、体脂肪も順調に減ってきました

世間では、大島さんの減量に目が行っているようですが、
私たちのサポートの目的は、「減量」ではありません
目的は、筋肉を増やして脂肪を減らし、走れるからだをつくることです。
だから、タニタ食堂より低カロリーですが、高たんぱく質の食事です
美幸さんの好きな、お肉も結構なボリュームで食べられます

何かスポーツを始めようと思った時、
いきなりそのスポーツ自体の強度を上げていくのは危険です
まずは、トレーニングを積めるからだをつくることが大事
例えば私の場合。
今年からマスターズ陸上の100mにチャレンジしようと決めて、
昨年の秋から、古傷のある脚のリハビリや、大腰筋の強化、
動きづくりのために、認知動作型トレーニング、
大腿やふくらはぎ、腹筋の筋トレも夜の日課になっています。
それだけやっても、今、1回の練習で対応できるのは、
100m全力走は2本だけ、負荷の大きいスタートダッシュは3本だけです
これ以上やると、どこかに違和感を出て、練習が続けられなくなります。
だから、走るトレーニングと並行して、
走るトレーニングをレベルアップするためのトレーニングが必須なのです。

自分のペースで走れるランニングは、気軽に始められるがメリットですが、
練習量を増やしたり、スピードを上げて、記録を伸ばしたいという人は、
やはり、筋トレや食事改善で筋肉をつける、持久力を高めるなど、
走れるからだづくりも平行してやる方がいいですね
こうしたケアをせずに距離やスピードを上げると、故障しやすくなります
ランニングライフを長く楽しむために、
大会計画をたてる時、「今、年に何回フルマラソンを走れるからだか?」と
自分のからだに聞いてみましょう

大島さん献立の1品。小鉢もビタミン&ミネラルたっぷりです

2_2 

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

食育は何歳からでもスタートできる!

今日は、契約企業の安全衛生委員会&個人面談の日
こちらの伺うようになって、1年が経過しました。
それまで、栄養指導を受ける機会はなかった社員さんが多く
最初は面談にお呼びすると、「何事ですか」とけげんな顔をされたり
でも、今のからだは日々の食事の積み上げでできたもの
食事を変えると、からだは変わりますよと、
すぐにできそうなことを探して、やってみようと導きました。

1年後の健診結果で、数値が改善している人も見られました。
「変わりましたね」というと、
「ほんの少しですよ~」と言いつつ、うれしそうなお顔をされます
少しでもからだに変化が見られると、食事への関心が高まって、
「野菜を先に食べたらいいって、ホントですか?」とか、質問も出るようになります。
最近は面談を希望してくださる方も増えて、伺うのがとても楽しみです。

こちらでは20代~60代まで、幅広い年代の方に接しますが、
食育は何歳からでもスタートできると実感しています。
子ども時代から今まで、食事の教育を受ける機会がなく、
好きなものを好きなように食べてきた人もいますし、
大人になって、関心をもったものの正しい知識がないため、
テレビなどの情報に振り回される人も多いようです
でも、いくつになっても食事は変えられます
からだも変えられます
幅広い年代に「食育」の機会を与えられるといいですね

| | コメント (0)

2013年6月18日 (火)

女性のライフサイクルに合せた食事

9月24日(火)に 健保連・東京連合会主催で、
どうしていますか?女性への栄養指導~ライフサイクルに合わせて
とうテーマで講演させて頂きます。

女性は男性と違って、ライフサイクルによりからだが大きく変化していきます。
からだの中の変化を知り、それに対応する食事方法を身につけることで、
各年代を元気にイキイキと過ごすことができます

わたしも10代、陸上競技をやっている時、減量と貧血を繰り返したことから、
この世界に興味を持ちました。
若いころは、ずっと体重が気になっていました
そして更年期に入った今、からだの変化を実感しています。
これからは、体重ではなく、からだの中身(体組成)が重要です
運動を、長距離から短距離種目に変えたのも、このからだの変化を実感したからです。
そんな私自身の体験談も交えて
現場で、そして皆さんの健康づくりにも役立つお話をさせて頂きたいと思います。

今年度、広く公募する私の講演会はとても少ないと思います。
専門職の方でご興味がある方は、早めにお申し込みください。
みなさまとお会いできることを楽しみにしております

今朝も城山陸上競技場で、朝練してきました
45歳を過ぎたら、高負荷で短時間のトレーニングを、頻度高くですね
この時期、競技場はあじさいがとってもきれいですよ

Photo

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

ゴールイメージが描けていること

今日は一日都内でお仕事
まずは朝いちで、一大プロジェクトのキックオフミーティング
核心部分をつくり上げるという、責任重大のプロジェクトです。
最後に役員の方に、「いいものが生まれると思いますか?」と聞かれ、
「いいものになると思います」と即答しました。
「即答していいの」と思った人もいるかもしれませんが
私の中には、成功イメージがあります
仕事では(趣味は別)、ゴールイメージが描けてからスタートするのが鉄則
「とりあえず進んでみる」というのは、基本的にだと思っています。
積み上げ式で進むと、全く違う場所にたどり着くこともあり
その過程でも、余計なことに労力を使いかねません。
断言した以上、必ずいいものに仕上げなければ

午後は、日本テレビで24時間TVマラソンプロジェクトの打ち合わせ
いよいよ、食事サポートも本格スタートです。
かなり低カロリーなのですが、
「食べ応えがあってびっくりおいしく頂きました~」とのにホッとしました~。
「走れるシェイプボディ」を目指して、
スタッフ一同で知恵を絞って、レシピ&料理作成を頑張ります

今日は蒸し暑かったですね
帰りに通りかかったフルーツショップのカフェに吸い込まれてしまいました
大好きなマンゴーが美味しい季節です

Photo_2

| | コメント (0)

2013年6月15日 (土)

楽しい時間

昨夜は、安全衛生関係の皆さまとの食事会でした。
久しぶりにお会いする人も多く、とっても盛り上がり、
楽しい時間を過ごすことができました
起業して16年、この間にたくさんの出会いがあり、
こうしてずっと仲良くさせていただいて、とても幸せです

仕事がたまっているので 明日は終日事務所にかんづめの予定
だから今日は朝から、認知動作型トレーニングにいってきました。
陸上シーズンに突入すると、実走練習がメインになりますが、
できるだけ、このトレーニングも週に1回は入れたいと思っています。
100mのスタートダッシュはダメダメですが
後半の伸びは、認知動作型トレーニング効果が大きいように感じます。
スタッフに「キレがよくなった」と言われて、ちょっとうれしい

そして夜は義母の誕生日ということで、家族の食事会。
焼肉です 義父母もしっかりお肉を食べます
高齢になっても、やっぱり「食べる」ことが元気の源ですね。
夫と息子はごはん「大」。。。これです
この上に、特大、超盛もあるのだそうです  
いっぱい食べたので、帰宅後は軽くジョギングしましたよ
昨夜から、しっかりリフレッシュできたので、明日はお仕事頑張ります

__

| | コメント (0)

2013年6月13日 (木)

24時間TV・走れるシェイプボディをつくるレシピ

最近の事務所キッチンは、
24時間テレビランナー大島さんの食事づくりでフル稼働です
痩せるではなく、走れるシェイプボディを作るために、
低カロリーでも、栄養価の高い献立を目指しています。
食べ応えのある食事を支えるのは、主菜の食材選びとノンオイルの副菜たちです
食材や味に変化をつけて、彩りよく、いろいろ工夫しました。
主菜にプラス3皿の副菜、ごはんもついて500kcal以下
ちゃんと、大島さんの好きな料理を入れてあるので喜んでもらえるといいな~
食事はやっぱり、楽しむものだから美味しく食べて
元気な笑顔で頑張ってもらいたいと思います

| | コメント (1)

2013年6月12日 (水)

食べ物は生き物!

わたしは普段、食や運動に関わる一般書をよく読みます
新しい知識を得るのは専門書ですが、一般書は表現の参考になります。
保健指導の現場では、専門書の表現では正しく伝わらない可能性があり、
難しい表現では、敬遠されるだけ
正しく伝えるだけでなく、興味を引く表現をしたいと思っています。
からだや食べもの、食べること、動くことなど、ひとつでも興味を持ってもらうと、
健康行動への一歩が踏み出しやすくなります
だからこうして、いろんなネタを仕入れるのです

私の講演でよく話すネタのひとつが、「食べ物は生き物」です。
食べものを「栄養素」と思ってみると、特に多い栄養素に着目して、
「○○には○○が含まれている」となり、パーツで見ることしかできません 
実はこの見方では、栄養バランスを整えるのは難しいのです。
一方、食べものを、「生き物」として、全体像を眺めると、
「〇〇をエネルギー源として生きているんだ~」「だから○○が多いんだ~」などと、
個性が見えてきます
すると、パーツだけ抜きとって食べることは難しいし、
それでは意味がないことがわかります。
人間を見る時と同じで、一面だけで判断してはダメってことですね
わたしは、「この子はどんな子なのかな~?」と考えながら
栄養成分表を眺めるのが好きというと、いつも笑われますが、
そういう視点で見ると、食べものに対する興味も変わってくると思いますよ

そして、その視点に磨きをかける本を見つけました
この本、とっても面白いです
その食べものの、栄養素だけでなく、色や形、臭いなどにも
植物として生きていくためのいろんな理由があることが分かりました。

Photo

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

今年度のQLSセミナー開催決定!

今年度の弊社主催、効果を出す栄養指導の実践スキル講座の日程が決まりました
お問い合わせを頂いた方々、公開が遅くなり申し訳ございません。
この6回シリーズでは、どうやったら栄養指導の効果が出せるかと考え、
10年がかりで作り上げた、オリジナルの栄養指導ロジックを紹介しています。
学校で学ぶ栄養学とは一線を画し、栄養指導の効果を出すノウハウを凝縮していますので、
ぜひ、第一回の「基礎知識」からご受講いただければと思います。
栄養指導に今ひとつ自信がない という方は通しでご参加ください。
すでに持っている知識を整理し、スキルアップできれば、
栄養指導の効果が出て、栄養指導が楽しくなります
誰より、講師のわたしは「栄養指導は楽しい」と思っていますから、
この楽しさを是非、感じにきて下さい
今年度も東京で1クールしか設定しておりませんので、
お早めにお申し込み頂ければと思います。

そして、今年度は特別講座として、
「検査値別・運動と食事アドバイスの組合わせ方」も開催します。
やはり運動と食事はセットでアプローチする方が、対象者の興味をひき、
行動目標の選択肢も広がります
私自身の保健指導では、運動から入ることも多々あります。
その方がポジティブな雰囲気をつくれるような気がします
こちらも、興味がある方は是非ご参加下さい。

私のセミナーのモットーは、パワー全開・全力でです。
今年も皆さまにパワーを送れるように、コンディションを整えてお待ちしております

| | コメント (0)

2013年6月 9日 (日)

私は100m♪夫は100km!

今日は、長野マスターズ陸上選手権に参加してきました
ちょっと遠いし、やめようかなと思ったのですが、
先週は忙しくて精神的に疲れたので、こんな時こそね
片道3時間の運転は大変だったけど、行ってよかったです。

今回行きたかった理由のひとつは、60m⇒100mの順だったこと
60mの勢いで、100mはいい感じで走れると思ったら、大間違いでした
間30分では、今の私の体力&脚力には無理
60mでフライングがあり、2回のスタートでもう限界
100mのスタートは、ひどいものになってしまいました。
しかも、向かい風3メートル
後半どうにか追い込んで、1位になることができたけど、ちょっと残念
でも、役員の方が「おめでとう」と、賞状と楯を手渡して下さり、
60mで8秒台、100mで14秒台にのることができたから満足です
大会に出ると、自分の弱点がよ~くわかります。
次は、もうちょっと進化できるように頑張ります

Photo_2

そして夫は、いわて銀河100kmチャレンジマラソンに参加です。
毎年フルと100kmの大会に出ていますが、いわては4回目。
こだわりの大会のようです
しかし2週間ほど前、トラックでインターバルトレーニング中に肉離れ
それから全く走れず、完治にも至らず。。。
そんな状態なのに、「体調はすこぶるいい」と、出発しました
きっと完走するんだろうなと思っていたら、
「ベストタイムで完走したよ」と、メールが届きました。
箱根駅伝で培った精神なのか?驚くような心身の強さがあります

私は100m、夫は100km、長さは随分違いますが、
どちらも奥が深く、まだまだ努力が必要です
がんばれるからだと、がんばれる環境に感謝

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

ティップネス丸の内スタイルでトータルプランニング

今日は弊社クライアントの、ティップネス丸の内スタイルで、
トータルプランニングサービスを受けてきました

まずは、体組成チェックから。
男性並みの筋肉量、体脂肪量 左右のバランスもばっちりです

Photo_2

しかし大事なことは、このからだを十分に使えているかということで、
それをチェックできるのがFMS
7つのチェックで「カラダの機能性」を確認します。
チェックしながら、自分でもカラダがうまく使えていないことを実感
終了後、実際の動きを画面で見ながら課題を分かりやすく解説してくれました。
彼は、食コンディショニングトレーナーの一期生
食生活のアドバイスもできる、優秀なパーソナルトレーナーですよ

Photo

次は、FMSの結果を元に、陸上短距離走のスキルアップのための、
トレーニング方法を教えてもらいました。
弱いところを強化するトレーニングが必要と思っていましたが、
どうしてそうなっているか?と原因から考えると、
全く違う場所のケアやトレーニングが大事と、
目から鱗の解説つきで、色々なトレーニングを教えてもらいました。

そして次は、TRXを使ったトレーニング
実は3か月前に、自宅トレ用に買ったのに使い方が今ひとつ分からない。。。
なので、スプリンタースターターなど、
陸上競技のためのトレーニング方法を教えてもらいました。
うわさ通りハードですが、しっかりやればかなり効果的な感じ

家でもできるケアやトレーニングをいっぱい教えてもらったので、
Myトレーニングメニューを作って、コツコツ努力したいと思います。
定期的にチェックしてもらえば、確実にステップアップできそうです
これがトータルプランニングなんだ~
とっても価値あるサービスだと実感しました

そして最後は、マグマスパ
からだの芯からじわじわ温まる感じが最高
施設を満喫してとっても幸せな時間でした。

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

大島さんの食事アドバイス☆

今日はいいお天気でしたね。紫外線が心配
だから、出勤前に城山陸上競技場で朝練をしました。
コツコツ努力の成果か?
脚が、少しずつ短距離の衝撃に耐えられるようになってきて、
スタート練習もちょっとずつできるようになりましたよ

朝練の勢いで、午前中は集中して事務所での仕事を終えて、
午後は都内の陸上競技場へ
今日は、24時間TVのランナー大島美幸さんの練習日で、
坂本トレーナーとの練習の後、食事のアドバイスをしました。
まずは、体内時計に合わせて食事のリズムを整えること
というお話を中心にして、いくつかのルールを決めました。
「痩せなくちゃ」って、食事を難しく考えすぎていたようで、
「間違った認識が多かった これならできそう」と、
笑顔で言ってもらえてよかったです
単に痩せるのではなく、コンディションのいいからだを目指します

大島さんはとってもピュアで、かわいい女性でした
皆さんから愛される理由がよくわかりました。
これから2ヶ月ちょっと、できる限りのサポートをさせて頂きます

Photo_2

| | コメント (1)

2013年6月 4日 (火)

24時間TVマラソンプロジェクト!

今日は都内で2件の重大ミーティング
午前中は、大手メーカーでプロジェクトのキックオフミーティング
ここではとても書けない重大なプロジェクトの中心部分を担当します。
緊張感はありますが、わたしの得意分野なので楽しみ
グッと集中して、緻密なロジック作成に着手しますよ

そして午後は、日本テレビで24時間テレビの打ち合わせ
今年のランナー、森三中の大島美幸さんの食事サポートを担当します。
単なる減量ではなく、走れるからだをつくるのが目標
おなじみの坂本コーチに、ウルトラナンナーの中村Dr、
そしてカリスマトレーナーの樫木さん、そして私の最強チームでサポートしますよ
明日は、大島さんに直接会ってアドバイスしてきます

24_2

| | コメント (2)

2013年6月 3日 (月)

そら豆ウィーク

今日は、会社の研修を兼ねてビオファームまつきへいってきました
お目当ては、レストランビオスのそら豆ウィーク
ここでは、四季折々の新鮮な野菜を使った料理が楽しめるのですが、
そら豆の時期は限られていて、なかなかタイミングが合わず
今年こそはと、早めに予約をいれました。
今年は例年より早く、今が一番美味しい時期とのことでラッキー

そら豆を使った料理が、なんと10皿
それぞれにそら豆を活かす工夫がされていて、全てが新鮮な料理でした。
最初のお皿は、朝採れのそら豆を生でいただきます。ジューシーで美味しい
これは、そら豆とビーツのコラボです。

Photo

どれも、五感で楽しめるすばらしい料理でしたよ
いつもながら、まつきオーナーのサービスがすばらしくて
今日もとても楽しい時間を過ごすことができました

Photo_2

帰りにみんな、採れたてのそら豆を購入
まだ食べるのっていいながら私も買いました

| | コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

「好き」が大事

週末は、城山陸上競技場で小田原選手権が開催されました
息子の高校は強豪校で、一軍以外が参加できる大会は限られており、
久しぶりの出場です
ひとりだけ見ていると、大きくなったなと思いますが、
皆の中にいると、まだまだ子どもっぽいからだです
それでも、大会ごとに自己記録を更新し
200mと400mで決勝に残れて、彼なりの成長が見られました。

中学は弱小チームで、高校に進む時、
短距離は強豪過ぎるし
長距離の方が伸びるのではないかと悩んでいましたが、
「自分の好きな方に行きたい」と、短距離部に入りました。
本当に部内、最遅からのスタートでしたが、よくここまで来たな~
やっぱり「好き」ということが大事なのですね

大人になってからのスポーツも、やっぱり「好き」が大事
好きなことだからこそ、上達したいと思えるし、
そのための努力も継続できますよね。
先日のマスターズ陸上、優勝の賞状が送られてきました。
次はもっといいタイムを目指して、コツコツ頑張ります   

Photo_4

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »