« ストレスのない減量を目指して! | トップページ | 戻し方を考えて減量する »

2013年7月21日 (日)

食コンディショニングトレーナー養成講座・2日目

今日は先週に引き続き、食コンディショニングトレーナー養成講座2日目shine
いつもどおり全力でupパワー全開の講義ですsun
しかし5時間ぶっ続けの講義の最後は、さすがに酸欠ぎみcoldsweats01
でも、このパワーがしっかり伝わったようで、
みなさんの表情もイキイキしていて、楽しく進めることができました。

この講座は、即実践に活かせるように、テキストもQ&A方式flair
講義中もバンバン当てて、答えてもらいながら進めています。
ただ教わるより、一旦考えてみる過程がとても大事で、
間違っていたり、認識が違っていたりしてことに気づくと
そこから得た知識は、身になりますscissors

講座の内容に沿って、「食べ過ぎていないのに太るんですsign02」など、
お客さまによく聞かれる問いを、Q例に多数入れています。
それがよかったようで、アンケートには、
「いつもお客様に聞かれることばかりだってので早速現場で使いますsign01
「今まで浅く答えていたことを、今度から理由も添えてわかりやすく伝えられるようになりましたnote」などがあり、現場で活かせそうなワクワク感が伝わってきましたhappy01

食コンディショニングトレーナーの大事な条件は、実践者であることflair
だから、受講中は
自分自身が運動と食事の目標を立てて、ベストコンディションを目指すshine
に取り組んでいます。
講座の最初に発表してもらいましたが、各自しっかり取り組み、
からだの変化も実感できていましたsun
運動が習慣化しているトレーナーなので、やはりからだの感度が高く、
栄養状態の変化も感じやすいのですね。
その素晴らしさを、ぜひたくさんの人に伝えていって欲しいと思いますheart04

次回までの課題は、自分自身のセルフコントロールにプラスして、
実際に、食アプローチを行うsign01です。
お客様の年齢やライフスタイル、目的などはさまざまなので、
知識を実践で活用できるようになるには、自分でケースを積み重ねることが一番大事flair
これが自信につながります。
次回は更にイキイキとした表情を見れると思います。楽しみですsign01

|

« ストレスのない減量を目指して! | トップページ | 戻し方を考えて減量する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレスのない減量を目指して! | トップページ | 戻し方を考えて減量する »