« 世代差より家庭差 | トップページ | 24時間TV・始まりますね! »

2013年8月22日 (木)

走るだけでは速くならない!

マスターズ陸上100m挑戦を決めた去年の夏から、
認知動作型トレーニングを続けています。
やってみて私が感じたことは、
同側の骨盤と膝を同時に前に出す動作が身につき、
脚の運びがスムーズになる&ストライドが伸びるflair
体幹が強化され、走る時の直進安定性が増すflair ということです。

でも、続けないとダメですねcoldsweats01
ここ数カ月、すごく忙しくて殆どトレーニングに行けずsweat02
かろうじて夜、城山競技場で走る練習は続けていました。
でも、動きが小さくなってきたなsign04と実感。
この2日間で、必死に原稿を仕上げてsweat01
今日の午前中だけお休みして、トレーニングに行ってきましたsign01
からだの色々な部分を使って、色々な動きをしてすっきりしましたsun
このトレーニングの後は、実走して動きの確認をするのがポイントflair
だから夜、競技場でスパイクを履いて走ってきました。
やっぱり動きが違いますsign03
走るトレーニングだけやっていても、速くならないですね。

認知動作型トレーニングのマシーンは、一般的なマシーンと違って、
全て自分で動かします。だから神経も鍛えられますshine
これは中でも、最も難しいアニマル↓
肩甲骨から骨盤までの連動、脊柱を軸として脚と腕を連動させるものです。
私はまだまだうまくできませんsweat02
手前が私、奥の女性はマスターズ陸上の100mから400m、
ハードルや5種競技などで数々の日本記録を樹立している人ですsun
スタイル抜群で、動きもカッコいいですup
今日もいろいろ教えてもらって、いっぱいおしゃべりして楽しかったhappy01
週に1回は通えるようにしたいな~

Photo

|

« 世代差より家庭差 | トップページ | 24時間TV・始まりますね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世代差より家庭差 | トップページ | 24時間TV・始まりますね! »