« 頑張っている同志 | トップページ | ごはんが肥満の質を左右する »

2013年11月19日 (火)

科学を食生活に落とし込む仕事

今日はスタッフと、ずっと数字を眺めながら考えていましたsweat01

栄養学は科学なので、健康につながる効果的な「食」を導くためには、
エビデンス(科学的根拠)に基づく必要がありますflair
科学は日々進化するので、新しいエビデンスも生まれてきます。
これをどう活かすかsign02 これが私たちの仕事です。
「栄養学は実践する学問」といわれるように、
科学が進化しただけでは、ひとは全く健康になりませんcoldsweats01
食生活に正しく落とし込んで、実践して初めて
その科学は活かされる=ひとは健康になるのです。

最近そんな、科学を食生活の落とし込む仕事がとても多いのです。
ものすごく複雑な作業ですが、これが私たちの得意分野で
ロジックが導けたとき、いい表現方法が見つかったとき、ワクワクしますshine
世の中でしっかり活かされるように、根気強く頑張りますsign01

エリ先生がマルシェで買ってきてくれましたclover 
何だと思いますか?
見ての通り、appleりんごとなしの掛け合わせです。
味もそのまま、本当に半々の味でしたhappy01

Img_20131119_200845_2

|

« 頑張っている同志 | トップページ | ごはんが肥満の質を左右する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張っている同志 | トップページ | ごはんが肥満の質を左右する »