« 短距離選手に筋トレは必要か? | トップページ | 伝える側のエネルギーは次世代につたわる »

2013年11月26日 (火)

理系の頭で考えて文系の頭で表現する

今日はクライアントのプロジェクトミーティングshine 
深~い議論になりました。

このプロジェクトでも科学を食生活に落とし込む仕事をしています。
会議の前に、いろんな角度からエビデンスを食事の落とし込む検証をして、
うまく落とし込めたsign01と思ったのですが、
やっぱり一般の人からみると、「難しいsign04」と言われてしまいましたsweat02
方向性が間違っていないことは確認できたので、
次までに、わかりやすい表現を目指して頑張りますsign01

栄養士は文系か?理系か?を聞かれることがあります。
一応理系ですが、生物で受験できるので、文系脳の人も多いように思います。
実際の仕事ではどっちが必要か?と考えると、
理系の頭で考えて、文系の頭で表現する というイメージです。
ロジックを読み解くときは、理系脳が必要ですが、
わかりやすく、実践しやすいかたちで食生活に落としこむためには、
文系脳が必要な気がします。
2つの脳を使って考え、表現するのがこの仕事の醍醐味かもしれません。
今日のミーティングでも頭を振り絞りましたがsweat01やっぱりこの仕事は楽しいnote

小田原駅のかまぼこツリーですxmas
それぞれの蒲鉾店の名前が書かれたかまぼこ板が、積み上げられています。
小田原らしくていいですねhappy01

Img_20131126_194549

|

« 短距離選手に筋トレは必要か? | トップページ | 伝える側のエネルギーは次世代につたわる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短距離選手に筋トレは必要か? | トップページ | 伝える側のエネルギーは次世代につたわる »