« LIVE読んでください! | トップページ | 熊本のおいしいお米 »

2013年12月 4日 (水)

時間栄養学で生活をデザインする

このところずっと、体内時計にかかわる原稿を書いています。
そのために、時間医学など時計遺伝子にかかわる本bookをいろいろ読みました。
改めて学んでみると、奥深く、ものすごく面白い世界です。
時間栄養学もこの考えに基づいたものですshine
私の講演でも、時間栄養学に基づいて「食べる量を減らさずに減量するflair
というテーマは、大人気です。
時間栄養学は、まさしく生活の中で活かす学問です。
いわゆる栄養素栄養学のように、apple食べ物の一面、
ひとのからだの一面だけを見ていても、ひとは健康にならないsweat01
わたしは常々思っています。

新たな知識も増えたので、時間栄養学で、減量だけでなく、
交代勤務で健康を維持する、アンチエイジング、筋肉をつけるなど
目的に合わせた生活をデザインしてみたいと思いますnote
来年は、そういうテーマで講演できるように頑張りますscissors

Img_20131204_105302

|

« LIVE読んでください! | トップページ | 熊本のおいしいお米 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE読んでください! | トップページ | 熊本のおいしいお米 »