« 社内から社会へ | トップページ | 食コンディショニングトレーナー養成講座・第6回スタート! »

2014年6月26日 (木)

栄養学から見る農産物マーケティング

今日はアグリイノベーション大学校の卒業生を対象のセミナー
テーマは、栄養学から見る農産物マーケティングですflair

この大学校は、新規就農を目指す人たちが学ぶ場ですが、
おいしい野菜をつくるために、作物の生産技術などを学ぶだけでなく、
食べる側(ひと)のからだの状態やライフスタイルも学ぶことで、
新しい売り方やプロモーションが考えられるのでは?と思っています。

そこで今日は、実際の食事例や食生活関連データなどを示し、
人間側の課題を知っていただきましたshine
そのうえで、
自分のつくった野菜を、だれにどんな風に食べてもらいたいか?
そのために、どんな売り方をするか?
を、グループワークで考えてもらいました。
ひとの食生活をイメージすることで、
「こんな人にこんな風に食べてもらいたいsign01」というイメージが膨らむのがわかり、
みなさんのワクワクした表情が印象的でした。
最後の発表内容は、とても魅力的でsun明るい未来を描くことができました。

今日が、アグリイノベーション大学校での授業のスタートです。
下期からは、カリキュラムの中にも組み込むことになっています。
農業を始める人には、人間側を描いて作物をつくってもらうclover
わたしたちは、その作物のチカラを十分に受け取れるように、
人間側の教育をしていくshine
健康な人を増やしていくには、双方向のアプローチが必要です。
一歩ずつ、目指す形に近づけていきたいと思いますsign01

|

« 社内から社会へ | トップページ | 食コンディショニングトレーナー養成講座・第6回スタート! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社内から社会へ | トップページ | 食コンディショニングトレーナー養成講座・第6回スタート! »