« 栄養を伝えることは作物を育てることに似ている | トップページ | からだによくて、おいしくて、売れる商品を作りたい! »

2014年10月29日 (水)

タンパク質切れを体感できるようになった!

今日も昼休みに、城山陸上競技場で練習しましたsun
大会前なので、刺激とフォーム確認なのでぴったり1時間
晴天の中、競技場を独り占めで気持ち良かったです~

昼休みに走るときは、11時頃軽く補食をとります。
炭水化物だけでなく、タンパク質も組み合わせて。
今日は納豆ごはんclover
タンパク質も合わせてとるかどうかが、パフォーマンスに大きく影響します。
フルマラソンのための長距離トレーニングから、
短距離走のための強度の高いトレーニングに変えて、タンパク質感度が上がりup
タンパク質切れが体感できるようになりました。
先日、食コンディショニングを学んだ、マスターズ陸上の先輩選手が、
「トレーニング後、炭水化物では満たされない感がある。」
「タンパク質切れを実感できるようになったsign01
「意識してとると、疲労の残り方が全く違うsign01」と言っていました。
彼女は以前は、「パンとコーヒーが好きclover肉はあまりいらない」というタイプでした。
意識すると感度は上がるものですね。

糖質切れを意識する人は多いですが、タンパク質切れも意識すれば体感できますよ。
糖質切れと思っていたけど、実はタンパク質切れが影響していることもありますよflair
タンパク質のとり方、特にタイミングを変えるとパフォーマンスも上がりますよsign01

|

« 栄養を伝えることは作物を育てることに似ている | トップページ | からだによくて、おいしくて、売れる商品を作りたい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栄養を伝えることは作物を育てることに似ている | トップページ | からだによくて、おいしくて、売れる商品を作りたい! »