« 言葉のちから | トップページ | ランナーのための食コンディショニング講座開催! »

2014年11月12日 (水)

全力で走る競技だから全力で練習する

今日は昼休みに城山陸上競技場でトレーニングshoe
よくお会いするマスターズ陸上の先輩男性も練習中でした。

冬季練習についてお伺いしたら、いろいろなアドバイスをいただきました。
走り込みで気をつけないといけないのは、250mなどやや長めの距離を、数本やる場合も、全力でやることflair
冬季だからと、7~8割のスピードで本数を重ねるのは効果的でないng
確かに、息子たちの練習を見てもそのようです。
私の現役時代は冬季は、7~8割のスピードでインターバルトレーニングをしたり、1時間走などもやってきましたが、今は坂やオフロードでのトレーニングも全力でdash
「100mは全力で走る競技だからねsign01」と言われると納得happy01
長距離走のようにいろいろなペースで走ったりしないですから。
(もちろんトップ選手は100mにもペース配分がありますが)

更に、先日のマスターズ選手権の走りを見ていただいたようで、
わたしの走りに対する的確なアドバイスをいただきました。
「そこを直せば13秒台はいけるよsign01」と言っていただき、うれしい~happy01
シーズンが終わったばかりなのに、ここでのんびりすることなく、
常にコツコツ努力するflairという姿勢が大事なのだと教えられました。

完全にルックスに魅かれて買ってしまいましたhappy01
履いたことがないシューズをネットで買ったのは初めてでしたが、ぴったりでホッとしました。
足袋のように軽いシューズ。冬季練習のスパイク代わりにいい感じnote

Img_20141112_190930

|

« 言葉のちから | トップページ | ランナーのための食コンディショニング講座開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉のちから | トップページ | ランナーのための食コンディショニング講座開催! »