« 神奈川マスターズ陸上選手権優勝! | トップページ | Woman's食コンディショニング »

2014年11月 2日 (日)

栄養学から考えるブランディング

今日は、アグリイノベーション大学校で講義を行いました。
今、大人気の情熱ある農業家を育成する週末農業ビジネススクールです。
今回から2コマを担当することになり、今日が初日flair
「地域と食のブランディング」科目の中の
「栄養学から考える食のブランディング」がテーマです。

ここでは当然、いい野菜をつくるノウハウを学びますが、
今日の講義では、野菜を食べる側=ひとのからだやライフスタイルについて学びます。
最後に、自分の作った野菜を誰にどんな風に食べていただき、
どうなって欲しいか、そのためにどのような売り方をするのか?
自分の野菜のブランディングについて考えてもらいました。
皆さんから野菜の価値を上げる、すばらしい売り方のアイデアがたくさん出てきました。
わたしもその商品、サービスを買いたいshineと思うものもありました。
ぜひ、実現していきましょうsign01

野菜の価値(価格)は、買う側が評価するものです。
スーパーの野菜の価格と比較して決めるだけでなく、付加価値をつけて、
買う側の価値に見合う価格で売って、ビジネスを成功させてもらいたいです。
そんなメッセージが伝わったようで、とてもいい雰囲気で講義を終えることができましたhappy01
次回は、少し深く栄養について学びます。
またみなさんとお会いするのが、楽しみですnote

Img_20141102_155156

|

« 神奈川マスターズ陸上選手権優勝! | トップページ | Woman's食コンディショニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川マスターズ陸上選手権優勝! | トップページ | Woman's食コンディショニング »