« 1週間でお腹からスッキリやせる食べ方を読んで | トップページ | 教える仕事の原点 »

2017年4月22日 (土)

時間栄養学を用いた保健指導の事例研究会

今日は小田原事務所のセミナールームで、時間栄養学を用いた保健指導の勉強会flair

食コンディショニングアドバイザーの、企業・健保の保健師さん、管理栄養士さんに集まっていただき、今日が2回目の開催です。

時間栄養学をフル活用し、究極の保健指導を目指しています。
ポイントはこの3つshine

①ひとりひとりのライフスタイルに合わせて、起床、就床、3食の時間や食事の配分を設定し、ライフスタイルに定着させる
②体調から食事の修正点を導き、べストコンディションに導く
③対象者が個人でセルフケアする方法を身に着けてもらう

これを実現するために、今日は、わたしが考えたツールとマニュアルでロールプレイ。
みんなでやってみて、私も一緒にやって、修正し、完成形が導けました。
最後は私が、実際に面談スタイルでやってみせるという、濃密な勉強会です。

皆さんに出してもらったケースにも、すべて赤ペン先生のように、アドバイスを付けて返しました。
色々なライフスタイル、色々な体調の人がいるので、やっぱりケースを積み重ねて学ぶのが一番ですね。
形が固まったので、早くツール化して、広く使っていただけるように準備したいと思いますsign01

エネルギーに満ちた皆さんと学ぶこの時間は、私にとってとても貴重です。
今日も会津、栃木、茨城、山口など、遠方からもご参加いただき、感謝でいっぱいheart04

会津のお土産に棒たら煮をいただきましたshine
すっごくおいしそう~
明日、炊き込みご飯にしたいと思いますhappy01

Img_20170422_173559

茨城の方からは、栗のクッキーと梅キャラメル。
みんなでおやつにいただきましたnote

Img_20170422_173632

最後まで話しが尽きない、とても楽しい時間でした。
ひとりひとりの生活に寄り添う保健指導は楽しいnote

|

« 1週間でお腹からスッキリやせる食べ方を読んで | トップページ | 教える仕事の原点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1週間でお腹からスッキリやせる食べ方を読んで | トップページ | 教える仕事の原点 »