« 特定保健指導研修からコンディショニングへ | トップページ | そこそこの健康ではなく »

2017年7月26日 (水)

疲れないカラダをつくる食事

朝いちで仕上げないといけない原稿があったのですが、それが気になり4時に目が覚めてしまいましたcoldsweats01
あまりにも早すぎ…と思ったのですが、目が覚めてしまったので早朝から一気に仕事を進めました。
やっぱり朝は集中できていいですねshine

今日は、へするあっぷ21で連載中の「食・動講座」の撮影をしました。
クッキングディレクター絵里先生の料理はどれもきれいで、おいしいです~
撮影後は、編集の方、カメラマンにも試食していただきます。

現在発売中の8月号のテーマは、「疲れないカラダをつくる食事・運動」です。
暑い日が続いて疲れる…という人に多い食事パターン
①ご飯を抜いている
②パンやパスタなど穀類単品料理が多い
③野菜をとることを最優先にしている
毎食、ご飯+たんぱく質食品(肉・魚・卵・大豆製品)をそろえる、これが疲れないからだづくりの基本ですshine
野菜ももちろん大事ですが、このセットが揃っていてこそ野菜は効果を発揮するのです。
ぜひ、読んでくださいねhappy01

わたしは近々大会に出たいと思っているので、今は食べることもトレーニングの一環flair
いつも以上にきちんと食べることを意識していますsign01

Img_20170726_142828_003

|

« 特定保健指導研修からコンディショニングへ | トップページ | そこそこの健康ではなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特定保健指導研修からコンディショニングへ | トップページ | そこそこの健康ではなく »