« ベストパフォーマンスを生む食コンディショニング | トップページ | 健康な職場を増やしたい! »

2017年8月 2日 (水)

講演での質問

今日は健保連の研修で大阪へ。
いつも講演で前に立った時、会場を見渡すと毎回見覚えのある顔があります。
食コンディショニングアドバイザー養成講座にいらした方は、ほぼわかりますhappy01
丸2日少人数で濃密な時間を過ごし、レポートもじっくり読むので、すごく近い存在に感じられます。
いきいきとされていると本当にうれしく愛しくなりますheart04

今日もおひとり見つけました。
終了後に声をかけたら、「名刺に食コンディショニングアドバイザーをいれたんです」と見せてくださり、すごくうれしかった~note

先日の東京での研修後の質問を見せてもらいました。

こんな時どうしたらいいか?という質問がよくあります。
私は少し引いて考えてもいいんじゃないかあな~と思います。

『夕食はストレス解消でいっぱい食べたいから減らせない』…ストレスを感じる時だけにしてね。
『付き合いで飲むからやめられない』…飲むのは付き合いの時だけにしたら。
『疲れると甘いものが欲しくなる』…疲れた時だけ楽しんで。

こんな感じhappy01
毎日ストレスいっぱいってことはないんじゃない?
自分から誘ってることもあるんじゃない?
付き合いで、いっぱい飲まないとダメ?
疲れてないときも食べてない?
そう問われると、改めて気づくことがあります。
理由があるところを止めるより、理由がないところを減らす方が、取りくみやすいですよねshine

講演後、小田原に戻って競技場で練習して、カフェダイニングで、お楽しみの夕食restaurant
シェフが真鶴で釣ってきたお魚で、握り寿司(クロムツ・シロムツ・シイラ)とあら汁。
常連客向け裏メニューです。
美味しかったdelicious

20615952_814734728708937_8300394458

|

« ベストパフォーマンスを生む食コンディショニング | トップページ | 健康な職場を増やしたい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベストパフォーマンスを生む食コンディショニング | トップページ | 健康な職場を増やしたい! »