« 食事づくりは余力で | トップページ | 第二弾・執筆中 »

2017年10月 9日 (月)

効果の出る栄養指導ツール

これまでにいろんな栄養指導プログラムをつくってきましたが、最大のこだわりは「効果が出ること」です。

保健指導で用いる検査項目は限られているので、どの検査値が高い場合は何から取り組めばいいか、効果の出る優先順位を導くことができます
更に、同じ間食の改善でも、検査値によって何から取り組んだ方が効果的か、優先順位が違います。

このロジックを整理してツールに落とし込んだのが、こちらの食習慣聞き取りシートです。
表面は対象者用
対象者がしっかり振り返ることができるように、時間軸で並べたり食卓で表現したり、コンビニ商品をちりばめたりしています。

Img_20171009_110128_002

裏面は、指導者用
どの検査値が高いかによって、検査値との関連(エビデンス)は違うので、優先すべき取り組み項目が違います。
下の表を見れば、どんな対象者にもしっかり根拠を添えて、優先順を説明することができます。
この裏面には、実は別の使い方もあります
対象者に見せてしまう、という裏技です。
その方が、納得して取り組んでいただけるケースも多いようです。

Img_20171007_085847_002

この10パターンがあれば、全ての検査値、全ての対象者にも対応できます
このツールを使って、栄養指導セミナーを11月に開催します。
保健指導初心者の方はもちろん、いまひとつ効果が出ていない、という方にもおすすめです。
演習を交えながら、私が丸1日かけて解説します
効果の出る栄養指導は、指導者だけでなく、指導者も楽しいものですね。

Img_20171007_085715_002

どちらの会場も定員間近となっておりますので、お早目にお申し込みください。
お待ちしています

第30回、31回 栄養指導を結果につなげるセミナー
「栄養指導の1から10までを学ぶ~」

▼東京会場
11月12日(日)10:30~16:30
▼詳細・お申込みはコチラから
https://jfpa.jp/seminar/sem/seminar.php?sid=2017-040-030

▼大阪会場
11月18日(土)10:30~16:30
▼詳細・お申込みはコチラから
https://jfpa.jp/seminar/sem/seminar.php?sid=2017-040-031

■定員:各150名(先着順)
■受講料:10,000円+税

|

« 食事づくりは余力で | トップページ | 第二弾・執筆中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食事づくりは余力で | トップページ | 第二弾・執筆中 »