« 進化したい! | トップページ | 虹のような存在に »

2018年9月10日 (月)

健康経営に時間栄養学を!

ある企業で新入社員を対象に、体内時計を整える1週間プログラムを実施した結果を見せていただきましたflair
管理職の方とお話しすると、「若い人はどんな生活をしていても体調がいいから、健康教育が難しい」と言われることがありますが、今の若者はこんな感じですcoldsweats01

Photo_2
60名の結果ですが、最初から半数以上が〇だった項目は2つだけです。
しかし、体内時計を整えると短期間でこんなに体調がよくなりますsun
特に、「朝いちから頭がさえている」、「午後も集中力が途切れない」という、労働生産性に関わる部分が大幅に改善していますup

時間栄養学は、メタボや生活習慣病の改善に役立ちますが、それだけではないのです。
健康経営を考える時、まず取り組んでいただきたいテーマですflair

11月に3か所でセミナーを開催しますsign01
名古屋(3日)東京(21日)大阪(28日)
専門職の方はもちろん、人事や総務、健康経営に関わるご担当者にもぜひお声掛けいただければと思います。

プログラム
1 時間栄養学を用いた保健指導の効果(主観的健康観の向上と内臓脂肪減少)
2 1日の食事リズムの整え方
3 時間栄養学を用いた効果的な1週間プログラムの実際
4 からだの時間に合わせたエクササイズ
5 個別支援での活用方法、演習
6 集合教育での活用方法

詳細はこちらから
名古屋 https://jfpa.jp/seminar/sem/seminar.php?sid=2018-040-035
東京 https://jfpa.jp/seminar/sem/seminar.php?sid=2018-040-036
大阪 https://jfpa.jp/seminar/sem/seminar.php?sid=2018-040-037

|

« 進化したい! | トップページ | 虹のような存在に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進化したい! | トップページ | 虹のような存在に »