« 2020年を食コンディショニングで輝かせましょう! | トップページ | 進化した時間栄養学講座 »

2019年11月 7日 (木)

哲学を持って

今日はクライアントの専門職に、食コンディショニングワークブックを用いた保健指導の研修💡

その後のディスカッションの中で、入り口のモチベーションをどうやって上げるかが課題という話になりました。
これはどこでも共通の課題で、「小島さんはどうやってるのか?」とよく聞かれます。正直言ってわたしは、個別支援でも集合教育でもネガティブな人にあまり会いません。その理由も大体わかっています。

栄養の実践活動を生業とする中で、わたしなりの哲学をもっているからだと思います。専門職はそれぞれの学問を元に仕事をしていますが、その中に自分なりの哲学があるか、これはとても大事だと思います。哲学があれば迷わず自信をもって導けます😃

この辺りの話はとても深くてここには書ききれませんが…わたしはだいぶ変わっているので💦

King Gnuの飛行艇という歌ががすごく好きで最近ずっと聴いてて、ブルーハーツが好きだった20代を思い出しました。大学病院のインターンに入るため最初の職場を辞める時、送別会で同期とTRAIN-TRAINを歌ったあの頃と魂は変わってないな~
飛行艇を聴きながら今でも「大空を飛び回って命揺らしたい🎶」と思うのです。

先日トラベラーズファクトリーで、この本を読みながら息子に「わたし多分変わったおばあちゃんになると思う」と言ったら「すでに変わってる。今は普通だと思ってるの?」と言われたました。確かに😃

Img_3557

|

« 2020年を食コンディショニングで輝かせましょう! | トップページ | 進化した時間栄養学講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年を食コンディショニングで輝かせましょう! | トップページ | 進化した時間栄養学講座 »