« 栄養指導の効果はもっともっと上げられる | トップページ | 声を出していない‥ »

2021年3月15日 (月)

運動指導には代謝の学びが必要

「代謝から理解する栄養指導のエビデンス講座」第2回もたくさんの申し込みをいただいています。ありがとうございます💕

栄養素を取り入れてエネルギーとして使っていく流れは、生きて食べて暮らすことの基本💡保健師、管理栄養士、医師といった保健指導の関わる方が中心ですが、食品や製薬メーカーの方、個人でもご参加いただいています。

私がぜひ受講してもらいたいな~と思うのは、運動指導をされるトレーナーやインストラクターの方、そしてスポーツ栄養の分野で活動する栄養士です。食べると動くはセットですからね。ジムなどでのダイエット指導では、どうしても目先の体重を落とすために糖質を制限する指導が多いようです。また、運動と食事を切り離してアドバイスすることもあるようです。
代謝を理解すると糖質を減らした時のエネルギー産生はどんなルートをたどるのか、その結果体組成や体調はどう変化するかがよくわかります。効果的に脂肪だけを減らす運動のタイミングや種類も見えてきます。スポーツ栄養の学問を活用する上でも、代謝の理解は不可欠です✨
学んでみたい!という方はこちらから→http://www.qls.co.jp/honbukoza/metabolism/index.html

今日はスポーツ医科学センターでの診察とリハビリ。リハビリも本格的になってきました🎵
リハビリ中の食事のとり方もとても重要。活動量が減った分、単純に食事を減らすと回復は確実に遅くなりますからね!今のところ全く代謝を落とさず食事も減らさず体調もばっちりです😊

Img_7387

|

« 栄養指導の効果はもっともっと上げられる | トップページ | 声を出していない‥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栄養指導の効果はもっともっと上げられる | トップページ | 声を出していない‥ »