« 次のステージへ | トップページ | ひとつひとつ丁寧に »

2021年7月 7日 (水)

食事を減らさず効果的に内臓脂肪を減らす

先日の人間ドックの結果を見ると、改めて時間栄養学と時間運動学の威力を実感します💡

昨年は健診を受けられなかったので2年前の数値との比較になりますが体重が3.5kg減⤵(減量するつもりは全くなかったのですが…)
体脂肪率からその中身を推察すると、減った脂肪は約3kg。筋肉の減少は最低限に抑えらえれているようです😊

コロナ禍での体重減少ですが、運動を極端に増やしたわけではありません。むしろ、膝の手術をしたので減っているくらいです。おやつを食べる習慣はなかったのですが、コロナ禍でおやつを楽しむ習慣もできました。よって摂取カロリーは増えています。
おそらく要因は生活リズム、食事リズム、運動リズム。体内時計がいいリズムを刻むような暮らし方ができたことだと思います。

メタボ支援は単に体重を落とすことが目的ではなく、余分な脂肪だけを落として筋肉や骨は減らさないことが重要です。また、食事を減らす減量は続かない上、心身のコンディションを下げてしまします。やはりこれを実現するのは、リズムだなと思います。
現在募集中「時間栄養学にもとづく対象別・効果の出る栄養指導講座」のA講座「食事を減らさずに効果的に内臓脂肪を減らす食事と運動」では体組成の見方を含め、エビデンスを添えて効果的な支援方法をしっかりお伝えしたいと思います✨
締め切りが迫っておりますのでご希望の方はお早めにお申し込みください。http://www.qls.co.jp/honbukoza/index.html

雨の日は傘をさして森散歩🎵
運動は量より、時間やタイミングが大事ですね。
Img_8222

|

« 次のステージへ | トップページ | ひとつひとつ丁寧に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次のステージへ | トップページ | ひとつひとつ丁寧に »