« 健康づくりは哲学 | トップページ | 30代以降の顔は生き方で決まる »

2023年8月25日 (金)

「何を食べる」も重要

昨日は、契約企業の安全衛生委員会でミニ講和💡

その前に、今年の健診結果を確認して、個別面談の対象者を決めました。
健診結果を見ると、肥満で検査値が悪い=メタボの人と、肥満でも検査値が悪くない人がいます。
この違いは何か?
遺伝的な要素は確実にありますが、食事リズム、運動習慣、そして食事内容だと思います。
肥満でも検査値が悪くない人は、これらに問題はなく、ただ単に食べる量が多い。
検査値が悪い人は、量より内容の問題が大きいように感じます。

時間栄養学の進化で「いつ」の重要性が分かってきましたが、「何を食べる」も大事です。
「いつ」より難しいところですが、どう伝え、どう実践につなげるか…
もっと学び工夫して、少しでもよい方向へ導けるようにスキルアップしたいと思います⤴

南足柄市に拠点を移し、散歩途中で栗の木をよく見かけます。
足柄栗は美味しいので楽しみにしていたのですが、ついに道の駅に登場✨
栗は、食物繊維/糖質比が高く、素晴らしい炭水化物食品です。

Img_4287

|

« 健康づくりは哲学 | トップページ | 30代以降の顔は生き方で決まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康づくりは哲学 | トップページ | 30代以降の顔は生き方で決まる »