« ワーケーションハウスでスタッフミーティング | トップページ | 「何を食べる」も重要 »

2023年8月23日 (水)

健康づくりは哲学

普段より1時間早く起きて、世界陸上を見ています。
アスリートって素晴らしいですね!そして、陸上競技は楽しいです🎵

観戦しながら、鈴木正成先生の本を読みたくなって「実践スポーツ栄養学」に目を通しました。
序文より【スポーツと健康づくりは哲学である】


スポーツは人体の所産ではなく人間の文化である。
チャンピオンは規則的生活を守りながらバランスの取れた食事をしている人たちであり、食事はスポーツに取り組む姿勢を反映したものである。
毎日運動し食生活をコントロールする健康づくりも、その人の生き方そのものであり、科学的に良いとされる運動を紹介されても大半の人が三日坊主で終わるのは、健康づくりが科学技術の世界ではなく哲学の世界のものであることを明示しています。
スポーツで強くなるも健康づくりの日常化も、生き方次第。
人生の決断がトレーニング・運動,食事,睡眠のリズムとタイミング、内容の改革を実現しそれぞれの人生を豊かにするのだと考えます。


この世界観が好きです。
私も健康のために食事リズムを整えたり、運動しているわけではなく、この生き方が好きだから✨
保健指導でも、こんな風に伝えて行けるといいな~と改めて思いました。

Img_4283

|

« ワーケーションハウスでスタッフミーティング | トップページ | 「何を食べる」も重要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワーケーションハウスでスタッフミーティング | トップページ | 「何を食べる」も重要 »